乳児向け相談 幼児向け相談 相談フォーム 子育てアラカルト


  子育てアラカルト

夏ならではの遊び

子どもたちが大好きな水あそびが出来る季節がやって来ました。

夏は、全身を使ったダイナミックな遊びがたくさんあります。 園庭に水たまりを作っての『泥んこ遊び』まず始めに子どもたちは、手・足を泥の中に入れ、ぐにゅぐにゅの感触を楽しんでいます。そこから次第に遊びが発展し、寝っころがったり、泥水の中を泳ぎだしたり、全身で泥の感触を味わっている子どもたちの様子は本当に楽しそうです。

次は、『ボディーペインティング(絵の具遊び)』 指先に少しだけ絵の具をつけることから始まり、両手・両足へ、そして全身に絵の具を塗り広げています。中には、顔にまで塗る子ども達もいて、次々と独特の作品が、出来上がっていきます。自分一人の絵の具遊びからやがて、友だち同士で体に塗りあったりと遊びも次々と広がっていきます。

お水遊びの大好きな子ども達にとって、泥んこや絵の具がついた全身を洗い流すシャワーも楽しい遊びの一つ。お水(ぬるま湯)を全身に浴びる時も子ども達は大はしゃぎです。

夏の遊びはまだまだ続き、『シャボン玉あそび』 0歳児・1歳児の園児たちは先生たちが作ったシャボン玉を目で追ったり、手を伸ばして触ってみたり、シャボン玉の後ろを追いかけたり、みんなとっても目を輝かせています。2歳児から幼児組になると、自分でシャボン玉を吹くことにも挑戦しています。お家でもシャボン玉遊びをしているのでしょうか?失敗する事も少なくみんなとっても上手にシャボン玉を飛ばしています。幼児クラスになると、友だちよりも大きい物を作ろうとしている姿も見られます。

五感の中にある(人が外界の刺激を感じる事が出来る五種の感覚{視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚})一つ「触覚」。味わい方にはいろいろな方法がありますが、保育園では夏、絵の具や泥遊びを通してぐにゅぐにゅ感を味わったり、プールに入ったりシャワーを浴び、冷たい水の感触を味わったり、全身で直接感触を体験できるのもこの時期ならではです。夏本番!!夏の遊びをたくさん取り入れていきたいです。

夏ならではの遊び
 


乳児向けのご相談 幼児向けのご相談 ご相談フォーム

 ▲バックナンバー一覧に戻る


ページ上部に戻る

トップページ
当園のご案内
笑顔の報告
行事カレンダー
誕生日会への取組み
子育て相談室
先生のページ
ご要望に対する対応
個人情報保護について