乳児向け相談 幼児向け相談 相談フォーム 子育てアラカルト


  子育てアラカルト

楽しい運動会

今年はオリンピックイヤー、日本国中が様々な競技に注目し、メダル争いと選手の活躍に熱く燃えました。そしていよいよ今から4年後2020年には「東京オリンピック」が開催されます。子どもたちがこの歴史的なスポーツの祭典を長い人生の間で、身近に体験することができることはとても幸運なことだと思います。きっと一生の思い出として、東京オリンピックで繰り広げられるであろう感動的な場面が心に刻まれるに違いありません。できれば実際に目で見て体感できたらさらに素晴らしいことです。子どもたちがその機会に恵まれたらいいなと願っています。

オリンピックでは、スポーツマンシップのもと努力と鍛錬を日々積み重ねた選手たちが、各種目を競い合います。4年に一回開かれるオリンピックで普段馴染みの少ないスポーツも含め、あらゆる種目のスポーツが注目されます。「運動」がそれぞれの国を団結させ、人々の人生にまで影響を与えるものであることに素晴らしさを感じます。オリンピック選手がノーベル賞を受賞する人と同じくらいの栄誉を手にできることで、「運動」の可能性を示してくれています。

10月22日に第47回若草保育園運動会が行われました。保育園もオリンピックイヤーにちなんで運動会のスローガンを掲げました。乳児クラスは『親子で目指せ、金メダル!』幼児クラスは『みんなで協力し合い、最後まで頑張り、心の金メダルをとろう!』です。日頃、保育園の子どもたちには運動や体育あそびをすることが楽しいと思えるような保育を考えています。体を動かすことが楽しいと感じ、好きになってくれることを願っています。体操教室では、できたことに嬉しさを感じ、緊張することを知り、たいへんなことに挑戦してみること、みんなの前でできたことの誇らしさ、みんなと一緒にやることの楽しさを体で感じることをねらいにしています。運動会でも練習の中に子どもたちの心と体の成長が現れてきます。保育士たちは運動会当日の結果よりも、運動会に向けて春から子どもたちと運動あそびをし、さらに運動会の練習をするなかで色々な場面で子どもたち一人ひとりが成長してくれるように力を注いできました。運動会での子どもたちの姿は、オリンピック選手が私たちに見せてくれた姿と同じくらいの輝きをみせてくれました。
 運動や体育あそびをすることが楽しい子どもたちになって、そしていつまでも健康で元気に過ごしてほしいと願っています。

11月のコラム 楽しい運動会
 


乳児向けのご相談 幼児向けのご相談 ご相談フォーム

▲バックナンバー一覧に戻る


ページ上部に戻る

トップページ
当園のご案内
笑顔の報告
行事カレンダー
誕生日会への取組み
子育て相談室
先生のページ
ご要望に対する対応
個人情報保護について