乳児向け相談 幼児向け相談 相談フォーム 子育てアラカルト


  子育てアラカルト

感性豊かな子どもの成長

テレビ・ゲームやスマホなど子どもたちの周りには色鮮やかで刺激的なバーチャルな世界があふれています。それぞれの機械から視覚、聴覚にたくさんの刺激があり、指先の操作が巧みになります。しかし五感の発達が未熟な乳幼児期の子どもたちには刺激が強すぎ、また一方的な受け身の刺激によって無表情になってしまうことや、より強い刺激を求め激情にかられることなどが心配です。五感への刺激は自然や人と人との とりわけ母親や父親との心のやり取りとともに受けることで、人としての感覚を豊かに成長させてくれます。

運動会が終わって11月に入り、澄んだ晩秋の青空が続く日に若草保育園では静岡県舞台芸術センター劇団SPACのメンバーによる、お話劇場「どんぐりと山猫」を楽しみました。子どもたちは二人の演者の身体全体から発せられる物語の登場人物の迫力ある声に耳をかたむけ、物語の世界に引き込まれていきました。演者は子どもたちに語りかけるようにお話を聴かせてくれました。どんぐりが客席の子どもたちの上を歩いて行ったり、子どもたちが物語の中で手遊びうたを歌ったり、子どもたちも物語の世界に参加することができました。バーチャルな世界ではこんな心が温まる刺激はなかなか得ることができません。
 劇団員の方からこんなお話がありました。「小さな子どもたちでも観劇を繰り返していると、静かに集中して聴くことが上手になってきますよ」

人の声を集中して聞けるようになるにはバーチャルの世界にはない、心と心のやりとりが必要であると気付かされます。保育園でも紙芝居や絵本のよみきかせ、ご家庭でもお子さんと一緒に絵本読んだり、一緒にふれあいあそびをしたり、一緒にクッキングしたり、子どもたちの目を見てお話しを聞いてあげましょう。

11月のコラム 楽しい運動会
 


乳児向けのご相談 幼児向けのご相談 ご相談フォーム

▲バックナンバー一覧に戻る


ページ上部に戻る

トップページ
当園のご案内
笑顔の報告
行事カレンダー
誕生日会への取組み
子育て相談室
先生のページ
ご要望に対する対応
個人情報保護について