ご要望に対する対応

解決の仕組 解決のご報告    
最新の報告 バックナンバー 平成29年度/平成28年度/平成27年度/平成26年度/平成25年度/
平成24年度/ 平成23年度/平成22年度/平成21年度/平成20年度/平成19年度/ 平成18年度/平成17年度
平成17年度の1年間で、下記のような事柄の苦情や要望が保護者の皆様から寄せられました。
そして、当保育園では、様々な取り組みや、対応をしてまいりました。そのすべてを保護者の皆様にご報告申し上げます。
まだまだ、不十分な所は多々あるかとおもいますが、平成18年度も、根気・本気・元気・勇気・やる気を養い、「何事も自分から進んでやる子」を育てる。事を保育方針に掲げて、職員一同取り組んでいく所存ですので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
平成17年度 苦情、要望受付・苦情、要望処理解決方法


受付日 2006/4/13
乳児の連絡ノートについて
記入者の名前を書いたほうがよいのでは?という要望をいただきました。

解決日 2006/4/14
もも組のノートには、記入者名を書く欄がある為、記入しているのですが他のクラスの連絡ノートも記入者の名前を書くようにしましょうと、職員間で話し合いました。
また、記入した職員の名前を入れる事で、自分の書いた事柄に責任をもつことにもなるということを、確認し合いました。



受付日 2006/4/19
ある保護者様から
迎えに行った時に、顔が見えると「来たよー」で終わりで、連れて来てもくれない。特に、新採用職員の人の態度が悪い。今の若い人は態度が悪い。と言う苦情をいただきました。

解決日 2006/4/19
保護者様と話をして、遅番保育士の対応の悪さを謝罪しました。
職員に悪気はない事を解かっていただき、職員にも保護者への対応(あいさつ、言葉遣い、など) を、注意し見直すことを促しました。



受付日 2006/4/27
ある保護者様から
早番の時、高熱(38,6)が出た為連絡 し、お迎えをお願いしたところ、発熱が連日続いた為、「困る」という主旨の苦情を頂きました。

解決日 2006/4/27
保育園の方針として、38度の熱が出た時には、「必ず連絡をする」ということを、説明しご理解いただきました。又、連絡を受けても、仕事の関係ですぐにお迎えに来られない場合には、簡易医務室(事務室内のベッド)で、静かに寝かせて待つという説明もして、ご理解頂きました。 



受付日 2006/5/24
ある保護者様から
泣いている子に「静かにしろ」という叱り方をしているのを聞いたが、子どもにそういう乱暴な言葉遣いの叱り方はいかがなものか?という苦情の電話をいただきました。

解決日 2006/5/24
職員の言葉の悪さについて、園長がその場ですぐに謝罪をする。
その日のうちに、担当の職員に苦情の内容について説明をし、話し合いを持ち、叱り方、言葉遣いについて、反省をし合いました。
その日のお迎え時に、担当職員が直接謝罪をし、「これから気をつける」旨、ご報告致しました。



受付日 2006/6/27
水いぼができているが、どうしても取らなくてはだめですか?
というお話をいただきました。

解決日 2006
水いぼについて、プールの中での感染力は非常に弱いということは、医師からも説明を受けて、理解はしていますが、保育園という集団の場では、プールの外で裸になって、皮膚と皮膚とが触れ合うことが多く、その時に感染する可能性があるので、水いぼは除去していただきたいということを説明し、ご理解いただきました。
また、水いぼだけではなく、その他の感染症についても、保護者の皆様に、お知らせしましょうということで、保健だよりを作成し配布致しました。



受付日 2006/7
給食参観の時に
我が子の嫌いなメニューで、食べ方が遅かったため、他児が午睡に入り室内が暗くなっても、一人残っていたことがとてもショックだったというお話を、連絡ノートへの記入で、ご指摘いただきました。

解決日 2006/7
給食の食べ方について、職員と話し合いを持ちました。その内容は、
@ 保護者の気持ちを、十分理解することが大切ということ。
A 子ども達には、好き嫌いなくなんでも食べる子どもになってほしいという願いをもって関わる事は大事なことであり、必要なこであるが、その子の年齢、性格、その時の精神状態をしっかり把握して、あせらずに取り組むようにすること。
B まずは、食べることが楽しいと思えるような、関わり方が大切である。
以上の事を話し合いました。
また、お母さんにも、給食時の関わり方の悪さを謝罪し、理解を得ることができました。




受付日 2006/7
水虫になってしまったお子さんで治癒するまでは時間がかかる為どうしたらよいか?という相談を受けました。

解決日 2006/7/12
靴下を履かせることで、他の子にうつる可能性が抑えられるのではないかと、保護者と相談しました。保護者の方も納得してくださり、靴下を履いての登園となりました。




受付日 2006/9/7
ホームページに、トイレでの排便について、「園で排便してはいけないのですか?」という内容の書き込みをいただきました。
詳しい内容はこちらをクリック

解決日 2006/9/7
掲示板への書き込みありがとうございました。
この掲示板に書き込みにあたり、きっと、随分悩まれて・・・書き込まれたのではないかと、お察し致します。
その、お心遣いに感謝申し上げます・・・・
詳しい内容はこちらをクリック



受付日 2006/9/27
保護者会から出すはずの運動会用の印刷物を期日までに出してもらえなかったという苦情のお電話を頂きました。

解決日 2006/9/28
園の対応が悪かったことを、その場でお詫びし、保護者会からの印刷物の日付を変更して、次日に全園児に配布致しました。



受付日 2006/2/9
こどもまつりのビデオ撮影・写真撮影の禁止についてのお便りを読んで、「先生方の熱い思いはわかりますが、カメラまで禁止するのはどうですか!
カメラ禁が中止になるよう、お願いします。」という要望を頂きました。

解決日 2006/2/10
「こどもまつりのカメラ・ビデオ撮影を禁止させていただく事」につきましては、職員の間で十分話し合って決定されたことでした。要望をくださいました保護者様のお気持ちは大変よくわかるのですが、今までの子どもまつりの会場の様子から、カメラ・ビデオ撮影の禁止を決定したという事情を細かく説明させて頂きました。完全にご理解いただいた訳ではありませんでしたが、個人の気持ちよりも、園の方針を優先して考え協力体制をとってくださいました保護者様の大人としての行動に深くお礼申し上げます。また、同じようなお考えの保護者様もいらっしゃったと思いますが、子どもまつり当日は、皆様が協力してくださいまして、本当にありがとうございました。



これからも、保護者の皆様からの苦情やご要望は、真摯に受け止め保育の質の向上に努めていきたいと思います。
ご家庭と保育園とが同じ方向をむいて子育てに取り組むことこそが、子ども達にとって、より良い環境になるのだと思います。
平成18年度も気持ちを新たにして、保育にとりくんでまいりますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
トップページ
当園のご案内
笑顔の報告
行事カレンダー
誕生日会への取組み
子育て相談室
先生のページ
ご要望に対する対応
個人情報保護について
  ページ上部に戻る