ご要望に対する対応

解決の仕組 解決のご報告    
最新の報告 バックナンバー 平成29年度/平成28年度/平成27年度/平成26年度/平成25年度/
平成24年度/ 平成23年度/平成22年度/平成21年度/平成20年度/平成19年度/ 平成18年度/平成17年度
平成23年度の1年間で、下記のような苦情や要望を保護者の皆様から頂きました。 その全てを皆様にご報告申し上げます。
色々と、不十分な所は多々あるかと思いますが、苦情・要望・ご意見などは真摯に受け止め、職員で、よく話し合って、より良い保育を進めていきたと思います。
これからも、保護者の皆様には、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成23年度 苦情、要望受付・苦情、要望処理解決方法
  保護者様からの、連絡ノートでの要望、口頭での要望、メールでの要望などすべてを、報告致しました。



受付日 2012/1月

0歳児女児の保護者様より
衣服にはすべて名前を書いてあります。しかし、他児の衣服を着て帰って来る事が続けてありました。
一度や二度ではないので、このような事が起らないように改善をお願いします。


解決日 2012/1月

すべての衣類にきちんと名前を記入して頂いてあるにもかかわらず、職員の確認ミスで度々他児の衣類と間違えてしまい、本当に申し訳なく深く反省しております。着替えをする度、必ず衣服の名前と子どもを、確認する事をきちんと徹底するよう職員で話し合いました。お忙しい中、丁寧に名前をつけて頂いたのに、保護者様に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。




受付日 2012/1月

1歳児男児の保護者様より
これから、インフルエンザが流行する可能性が高いのに、若草子どもまつりを行うのですか?日程を変更ができませんか?


解決日 2012/2月

・年度の初めに、年間行事予定で保護者様に日程をお知らせして、お休みの調整をして頂いている。

・各クラス、仕上げの段階に入っている。等、

子どもまつりの日程変更ができない旨をお伝え致しました。また、保育園では、空気清浄機・イオン空気清浄機など各クラスで使用し、保育室の換気に注意している事。体調を崩し始めた園児には、早めに医療機関に受診をして頂くよう保護者の方にその都度お伝えしている事もお話しました。



これからも、保護者の皆様からの苦情やご意見は、真摯に受け止め、保育の質の向上に努めて生きたいと思います。
ご家庭と保育園が同じ方向を向いて、子育てに取り組むことこそが、子どもたちにとって最もよい環境になるのだと考えていますので、これからも、ご協力の程、よろしくお願い申しあげます。




受付日 2011/7/14

3歳児男児の保護者様より
今回の父親の保育参加の件ですが、とても納得はできないものでした。来るな。という事ですからもちろん行きません。でも、4月の申し込み時にお願いしたものが、急に今になって「なしで」とは、おかしいと思います。保育参加が始まってもう2ヶ月以上は経過していますよね。何で今さらなんですか。もっと早くに言ってもらえれば、母親は行かずにとか、最悪子どもには期待を持たせるような事は言わないとかできたんですよ。子どもがどれだけ楽しみにしていたか知っていますか?毎日「お父さんはいつ来るの?」と本当に心待ちにしていたんです。大人の勝手なしかも、ただの思いつきのような事で、子どもをがっかりさせるのはもうこれっきりにしてやって下さい。来年からは「一人につき1回」と明記した方がいいんじゃないですか?今年のには「1日ひとり」としか書いてないので。いつも本当に良くしてもらっているし、不満なこともなかったのです、今回の事は本当に残念です。子どもには、父親が保育参加に行けなくなった事、そちらで伝えてしっかり納得させて下さい。私たちが約束をやぶったなんて事にならないように。


解決日 2011/7/15

保育参加に父母お二人の参加を事前に申し込んで頂いていたにもかかわらず保育士の確認不足で、お子さんにも保護者の方にも不愉快な思いをさせてしまい、大変申し訳なく思います。特にずーと父親の参加を心待ちにしていたお子さんには、深い悲しみを与えてしまい深く反省をしております。以後、このような事が起こらないよう、気をつけていきます。また、来年度の保育参加のあり方についても職員間で再検討するよう話し合いの場を設けたいと思います。
また、担任保育士が、連絡ノートと直接保護者の方にお会いして、謝罪をいたしました。




受付日 2011/9/12

4歳児女児の保護者様より
祖父母の会の駐車場についてですが、祖父母を招くと言う事は ある程度の駐車場の配慮は必要だったのではないでしょうか。
老人達にバスや電車で乗り継いで来る事は不可能ではあるし、紙一枚で、「他の方法で来てください。」とはあまりにも失礼な話です。せめて言葉で状況説明をいただきたかったし、同じ地区なのにどうして?と思いました。今回12名の駐車場の希望があるのなら全て受けて欲しかったです。祖父母の会の時は園庭を使わず、部屋で行うかたちも考えて欲しかったです。若い祖父母もいれば足腰が丈夫でない祖父母もいます。祖父母の会と言うのなら祖父母に優しい対応をお願いします。



解決日 2011/9/13

希望された全ての方に駐車場を利用して頂きたいと常に思っているのですが、限られた駐車スペースの為それが出来なく保護者の方がたには日頃からご不便をおかけしてしまい大変申し訳なく思います。
以前から、「遠距離の方を優先させていただきます。」とお知らせをしてきました。今回も遠距離の方を優先させて頂きましたが、遠距離で希望されていた方が保育園の確認不足でお断りの手紙をお渡ししてしまい、大変申し訳ありませんでした。後日、駐車券をお渡し致しました。駐車場が必要な時についての対応を今後も検討して行きたいと思います。




受付日 2011/11/7

4歳児男児保護者様より
土曜日、カバンを開けると上靴が何の袋にも入っていないそのままの状態で入っており、そのとなりの給食袋や着替え(未着用)と接しており、思わず「ひどい・・・」と声が出ました。上靴袋は持たせています。もし仮に袋がなかったとしても、上靴をじかに入れる神経が信じられません。せめてビニール袋にでも入れてもらえませんか?靴を入れた先生はいったい何を考えているのでしょうか?
これは園での統一した対応ですか?常識では考えられません。園の回答をお願いします。子どもは「ふくろがない」と先生には伝えたそうです。その後、先生はどう対応されてこうなったのでしょうか?土曜日保育の担当者に聞いて下さい。



解決日 2011/11/8

担任保育士が、土曜日出勤の保育士にその時の状況を確認しました。お昼寝前に、幼児組園児全員に上靴をしまうように声をかけました。その時に「上靴袋がない」事を保育士に伝えましたが、上靴袋をしまうカゴと自分のロッカーの中をもう一度探してくるように伝えました。しかし、その後、保育士が声をかけ確認する事がなく、本児はカバンの中にそのまま上靴をしまったようでした。保育士がしっかり確認をし、袋が無いことを把握していれば、上靴袋に変わる物を渡す事が出来ました。保育士の確認不足でこのような事が起こってしまい申し訳ありませんでした。職員間で話し合いをし、必ず園児一人一人に確認を行う事を徹底しました。話し合い後、担任保育士より保護者様に報告をいたしました。




受付日 2011/12月 中旬

在園児祖母様より
カラー帽子について、乳児組のお子さんなら良いと思うのですが年長の男子が「ピンク帽子」をかぶる事に抵抗があります。ピンクではなく他の色に変更できませんか?



解決日 

進級する度に、カラー帽を購入して頂いた事が以前ありましたが、1年で新しい帽子に変えるのはまだ使えるのにもったいない。というご意見を頂き、同じ色の物を卒園するまで使用するようになりました。兄弟関係で、ピンク帽を使用予定の方もいらっしゃいますので、今後も、ピンク・水色・黄色・赤・黄緑の帽子を使用していきたいと思っております。



以上、7月〜12月までのご意見ご要望のご報告を申し上げます。
これからも。保護者の皆様からの苦情やご意見は、真摯に受け止め、保育の質の向上に努めていきたいと思います。
ご家庭と保育園が同じ方向を向いて、子育てに取り組むことが、子どもたちにとって最もよい環境になるのだと考えておりますのでこれからも、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。



受付日 2011/4/26

3歳児男児の保護者様より
以下、@〜Aのことがらについて、ご意見、ご要望を頂きました。

@ 昨日、夕方、駐車場の誘導をしていた職員はひど過ぎます。
駐車待ちの車の誘導はバラバラ。駐車場から出ようとする車への誘導は動きがはっきりせず、出ていいのか悪いのかわかりませんでした。
事故があってからでは遅いです。みんな前向き駐車に協力しているのですから、先生たちもしっかり指導して下さい。
A 懇親会も先生たちの話のポイントが整理されておらず仕事を休んで来た意味がなかったです。みんな大変な思いで来ています。
プレゼンをしっかりやって臨んでもらわないと困ります。

解決日 2011/4/27

@〜Aの内容について職員全体と話し合いました。
@ ご意見をいただいた後、職員全体と話し合いました。
また、誘導を担当した職員と一つ一つ、確認しあいました。
駐車スペースに限りがあるため、お待たせすることもあるかと思いますが
少しでもスムーズに車の出入りが出来ますよう、誘導を行っていきます。
A 保護者の皆様には、お忙しい中、都合をつけて参加していただけたこと感謝しております。
今回、長時間になってしまい、ご迷惑をおかけしました事、申し訳ありませんでした。
短時間で重要なポイントをきちんとお伝えできるよう心掛けていきます。



受付日 2011/6/13

2才児男児の保護者より
登園時、ぐずぐずしていて、なかなか部屋に入らずベランダにいたのですが、早番の保育士は伝えた内容だけメモをして部屋に入ってしまい、子どもを部屋の中に誘ってくれなかった、と言うご意見をいただきました。

解決日 2011/6/20

お忙しい朝の時間、特にお子さんに泣かれてしまうと、お仕事にも行きにくく、1日不安になってしまう事と思います。そんな中、お子さんや保護者の方が、安心できる対応ができなかった事、申し訳なく思います。
職員たちに、このような要望をいただいたこと伝え、泣いたり、ぐずぐずしながら登園して来たときには、
「子どもの気持ちを汲み取りながら、抱っこやおんぶをする。」
「素早くお預かりするようにし、子どもの気持ちを切り替えていく。」ことを再確認し、職員全体で周知しあいました。


以上、ご報告申し上げます。
(保護者様の許可を得て、上記のように掲載させていただきました。)
これからも、保護者の皆様からの苦情やご要望は、真摯に受け止め保育の質の向上に努めていきたいと思います。ご家庭と保育園とが同じ方向を向いて子育てに取り組むことこそが、子ども達にとって最もよい環境になるのだと考えていますので、これからも、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

トップページ
当園のご案内
笑顔の報告
行事カレンダー
誕生日会への取組み
子育て相談室
先生のページ
ご要望に対する対応
個人情報保護について
  ページ上部に戻る